トップ

二次会幹事でモテる

モテたいなら結婚式の二次会幹事

幹事会の時点で出会いは始まっている

新婦や新郎から結婚式の二次会で幹事を頼まれたら、多くの女性は面倒に感じるかもしれません。けれども二次会の幹事は、ただ参加するよりも素敵な出会いのチャンスがいっぱい待っています。

二次会の仕事は本番だけでなく、事前に準備することがたくさんあります。例えば会場選びや内容の打ち合わせ、そのためのセッティングなどです。もちろん、単独で行うのではなく、自分と同様に声をかけられた他の幹事に加えて、相手方の幹事とも共同作業をすることになります。

そこから出会いが始まり、そのうち仲良くなれるかもしれません。会場の下見を兼ねて一緒に食事をする時は新郎・新婦を引き合いに出すと話もはずみ、文化祭のような感覚でフランクに接することができるでしょう。もちろん、さりげない心遣いができたら好感度アップです。

二次会当日は、すべての参加者と接触できる役割を担います。受付や荷物を預かるクロークの係なら全員と話すチャンスがあります。また写真係のように自分から動けるなら、気になる男性に近づきやすくなります。配膳係なら何度近づいても不自然になりません。さりげなく存在感をアピールしながら、自ら出会いを掴みましょう。

もし気になる人が何者なのか分からなくても、新郎・新婦や幹事の誰かは必ず知っているはずです。仲良くしておけば連絡先を交換し損ねても、代わりに連絡してくれたり再会のお膳立てをしてくれるでしょう。仲介役として一緒に会ってもらうのも良いかもしれません。

このように出会いの期待値が高ければ、大変な幹事役も快く引き受けられます。自ら立候補するのもアリです。もちろん、幹事の役目は二次会を盛り上げること。それだけは忘れないようにしましょう。